Exhibition DUSK 出演者一覧

image-8

熊谷 和徳

Tap Dancer
宮城県仙台出身。みやぎ絆大使。15歳でタップをはじめ19歳で渡米。
タップの神様・グレゴリー・ハインズと出会い絶賛され、世界最大規模のタップの祭典、ニューヨーク・タップ・フェス(タップ・シティ)に10年連続出演。

「The New York Times」等にもたびたび取り上げられ、「VILLAGE VOICE」紙では、“日本のグレゴリー・ハインズ”とも評された。
2006年、「米ダンスマガジン」において、【世界で観るべきダンサー25人】に選出。

日本では、上原ひろみ、ハナレグミとのセッション、東京フィルハーモニー、
仙台フィルハーモニーとの画期的な公演を大成功に導いた他、海外のミュージシャンとの共演も数多く、国際フォーラム、Bunkamuraオーチャードホールでのソロ公演等、タップ・ダンサーとしては異例の動員数を持つ。
イタリア、ミラノサローネのアート・インスタレーションに出演し大きな話題を集め、ニューヨークで毎年開催される「NATIONAL TAP DANCE DAY」において、世界の優れたタップダンサーへと贈られる【Flo Bert Life Achievement】賞を日本人初受賞するなど、より世界からの注目が集まっている。

また東京、仙台に自身が主宰するスタジオ「KAZ TAP STUDIO」を持つ。
2015年から、仙台市文化事業団と共に後進の育成のためのプロジェクト「TAP THE FUTURE」をスタート。タップの楽しさと文化を広めるため、日本全国でのワークショップを行うなど、新たなタップダンスの未来を創造し、唯一無二のアートとしてさらに進化させ続けている。

現在は、ニューヨークを拠点に世界各国にて活動中。

http://www.kazukumagai.net

 
チケットを購入
 

[re]kanSano

Kan Sano

http://kansano.com/

キーボーディスト/トラックメイカー/プロデューサー。
バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。在学中には自らのバンドでMonterey Jazz Festivalなどに出演。

キーボーディスト、プロデューサーとしてChara、UA、大橋トリオ、RHYMESTER、佐藤竹善、Madlib、Shing02、いであやか、青葉市子、Seiho、韻シスト、Nao Yoshioka、Ovall、mabanua、須永辰緒、七尾旅人、Monday Michiru、羊毛とおはな、片平里菜、Hanah Spring、COMA-CHI、Twigy、アンミカ、Monica、ゲントウキ、Eric Lauなどのライブやレコーディングに参加。
また新世代のビートメイカー、プロデューサーとして国内外のコンピレーションに多数参加する他、LION、カルピス、CASIO、NTT、ジョンソン、日本管理センターのCMやJ-WAVEのジングル、AnyTokyo 2015の会場音楽など各所に楽曲を提供。
さらにSoundCloud上でコンスタントに発表しているリミックス作品やオリジナル楽曲がネット上で大きな話題を生み、累計40万再生を記録。
また、トラックメイカーとしてビートミュージックシーンを牽引する存在である一方、ピアノ一本での即興演奏でもジャズとクラシックを融合したような独自のスタイルで全国のホールやクラブ、ライブハウスで活動中。

2011年『Fantastic Farewell』(CIRCULATIONS)をリリースしデビュー。

2012年、Bennetrhodes 名義のアルバム『Sun Ya』を Wax Poetics Japan からリリースしクラブシーンで大きな話題となる。また、mabanuaバンド他、数々の現場でキーボードを弾き、その個性溢れるフレーズでサポートながらオーディエンスに深い印象を残す。

2013年、ジャズ・レーベルBLUE NOTE創立75周年を記念したプロジェクト“松浦俊夫 presents HEX”のキーボーディストとしてBLUE NOTE (ユニバーサル・ミュージック)よりデビュー。ジャイルス・ピーターソン他世界中のDJから賞賛を浴びる。

2014年、Benny Sings、Monday Michiru、mabanua、長谷川健一ら国内外のアーティストを迎えた2ndアルバム『2.0.1.1.』をリリース、オリコンセールスチャートにランクイン。
韓国、台湾のレーベルディールも決定し、同国で大きく展開。
リード曲「Here and Now feat. Monday Michiru」は全国ラジオ14局でパワープレイを獲得 (同月リリースではアリアナグランデに続き3位を記録)、J-WAVEで15位まで上昇、またフジテレビ「テラスハウス」の挿入歌として起用されサントラにも収録。
また、アルバムの好セールスを受けSunSet Live、GREENROOM CAMP、中州JAZZなど全国のフェスに出演。
さらにHEX名義ではヨーロッパツアーを成功させ、フランスでおこなわれたジャイルスピーターソン主宰のWorld Wide Festivalでは数千人のオーディエンスを湧かせた。

2015年、朝霧JAMに出演。ドラムとピアノのみで4,000人近いオーディエンスを唸らせる。
また、ネットラジオ「JJAZZ.net」でレギュラー番組「JAZZ CAN」をスタート、初メインMCに挑戦。さらに新進気鋭の劇作家 藤田貴大が脚本・演出を手掛ける「マームとジプシー」に演奏のみならずセリフありの役で登場するなど活躍の幅を大きく広げる。2015年に活躍したクリエイター27名と共に雑誌「サウンド&レコーディング・マガジン」の表紙に登場、愛用のヘッドホンを紹介。

2016年、FUJI ROCK FESTIVALや ジャイルス・ピーターソン主催 World Wide Festival (フランス)に出演。

“Kan Sano” の名は、様々なシーンに破竹の勢いで浸透中!

 
チケットを購入

 

yuya

更科 有哉

1977年生まれ 北海道 札幌市で育ち、二十歳から東京へ。

インド・マイソール KPJ AYI (http://kpjayi.org/) にてSharath Rangaswamyに師事。

その高い技術と集中力から生み出されるAsana(ポーズ)は正に肉体のArtと呼ぶに相応しく、世界最高峰の巨匠 マリオ・テスティノ氏の撮影に同行。

ファッション誌 VOGUEと彼の写真集 『 Sir 』に掲載される。

2009,10,12,14,15年 五度に渡る、車での日本全国縦断Yogaの旅《 INTO THE MIND TOUR supported by patagonia 》を敢行、大成功を収める。

2010年 Sharath 氏より正式指導者資格(Authorization)を、
2011年には Authorization Level 2を与えられる。
2013年からは故郷 札幌に移住し、
AYS : Ashtaaga Yoga Sapporo を主宰、Mysore programを開始する。

Ashtanga Yogaで得た、インスピレーションやエネルギーをART活動に注ぎ、『 YUYA SARASHINA YOGA EXHIBITION 』を東京 丸の内で開催。

写真や映像、芸術、内側と外側を旅することに情熱をそそぐ。
2014年 Best of Yogi受賞。by Yoga Journal Japan

 
チケットを購入
 

junko

渡辺 純子

2009年より、ビクターチャン氏の通訳を開始し、自身でも陰ヨガの指導を行う。

日本人では、いち早く「陰ヨガベーシック」「経絡シリーズ」「タオヨガ(陰陽 ヨガ)」をビクター氏から学んだ一番弟子。さらに、通訳を通じて、指導の現場に最も接してきた講師でもある。

東京や京都などで、ビクター氏の講師養成講座のフォローアップ講座も担当し、同氏の講師養成講座卒業生が、継続して学べる場づくりを担ってきた。日本人らしい、きめ細やかな指導に定評がある。

陰ヨガは、その性質から教えることが難しいと言われるヨガのひとつであるが、通訳の仕事を通して、陰ヨガを伝える「言葉」について深く研究をしてきたことが、現在の深いリラクゼーションと癒しのクラスづくりに生かされている。

陰ヨガやどの流派のヨガも、楽しみながらプラクティスをしているヨガが大好きな講師。

中医学を学んでからは、陰陽バランスを整えることが、日々の健康管理やライフスタイル探求の柱となっている。アロマセラピストとしても活動をしており、ヨガだけでなく、アロマセラピーにも五行思想を応用するなど、中医学の幅広い知識をもつ。

自ら主宰のJunostyle~Journey to the Unique, Natural and Own way of lifeStyle(http://www.junostyle.jp)では、陰ヨガやアロマセラピーを通して、日本人にとって、今とても必要な「陰のあるライフスタイル」を伝える活動をしている。
 
ヨガアライアンス認定講師(E-RYT200)。
ビクターチャン氏100時間陰ヨガ講師養成講座修了。
Bliss Baby Yogaマタニティ・産後ヨガ講師養成講座修了。
英国IFA認定アロマセラピスト(MIFA9063)
渡辺純子のBlog http://www.junostyle.jp/blog/
Junostyle Website http://www.junostyle.jp/
Yin Yoga Online Self-practice http://www.junostyle.jp/membership/

 
チケットを購入
 

maiko

芥川 舞子

14歳でモデルデビューし、ファッション誌を中心に活躍。
長年ヨガを実践していた母に手ほどきを受け、ヨガを始める。
ヨガの可能性に魅了され、本格的に学ぶことを決意し、まもなくヨガインストラクターとなる。

日本最大手ヨガスタジオで実績を積み重ね、トップインストラクターとして活躍するだけでなく、若手インストラクターの育成指導にも携わる。

モデルとしての経験も生かし、様々なメディアやイベントに出演し、ヨガの普及活動に尽力する。

2016年からは、新たな表現活動として、自己探求や自然との調和について学ぶ場「クリスタルクリア・ヨガアカデミー」を主宰。

ここではヨガをベースとしながらも、時にはヨガという枠を超え、あらゆる学問・芸術・身体的メソッド・食・セラピーなどを統合的に取り入れながら、人がもつ本来の美しさや、普遍的な幸せを探求する。

 
チケットを購入
 

yamamoto

山本 俊朗

ヨーガ指導者
Philosophy of Five Elements Yoga®︎
創設者

幼少期よりヨーガの師範でもある母のもとヨーガの実践指導を受ける。
人生の大半をヨガとサーフィンの旅に費やし1000時間以上の幅広い分野に渡るヨガトレーニングを積みながらヨガ哲学、瞑想、呼吸法、坐法、解剖生理学、自然法則論などを様々な師より学ぶ。

現在は独自が考案したハタヨガスタイルでもあるFive Elements Yoga®︎(ファイブエレメンツ・ヨガ)の教えを普及することに力を注ぐ他、ヨガに於けるオルタナティブな世界観を共有するヨガコミュニティーとして2008年に“108towayoga” -永久-トワヨガを設立。在住する湘南を拠点に、都内大手ヨガスタジオや全国各地にてヨガ指導と指導者育成を行う傍ら、ヨガに関連する書籍、雑誌やWEBにおける監修も務める。
またサーフィンでのスクール講師としての経験を通して、サーファーの為のヨガ、サーファーズヨガを考案。
プロをはじめとするサーファーたちに個別指導を行う傍ら、原宿にあるDeus Ex Machina Japanのヨガクラスにてリードティーチャーを務める。

Apple Store「音ヨガ 」 監修
成美堂出版「ほぐしヨガ」出演、監修
動画配信サイト 「おうちdeヨガ」出演、監修
・2007 アヌサラヨガ資格取得
・ヴィヴェーカナンダヨーガ研究財団ヨーガ教師
・全米ヨガアライアンスE-RYT200認定講師
・lululemon Japanアンバサダー
・Manduka Platinumアンバサダー
・bluezurアンバサダー
・ECO TANアンバサダー
FEY®︎:http://www.5elementskula.com
108towayoga:www.towayoga.com

 
チケットを購入
 

mae

吉川 めい

日本人女性初のインド総本山KPJAYI公認アシュタンガヨガ・インストラクター
’15年~ADIDAS Japanヨガモデル・契約ヨガトレーナー
’04年に雑誌YOGINIの表紙モデルに抜擢され、およそ10年間に渡りカバーモデルを務める。

’11年、活動の中心の場としてコンセプトスタジオveda(東京・南青山)をオープン。

レギュラークラスの他、国内外におけるワークショップ、本やDVDなど様々な媒体を通して身体的なメソッドだけに留まらないヨガを伝え、日本のヨガ、健康、そしてライフスタイルを牽引し続けている。

著書に『吉川めいのアシュタンガヨガ基礎レッスン』(NHK出版)など。

Amazon.co.jp/maeにて新作DVD(総監修)『ヘルス&ビューティ ヨガ』『朝昼夜の20分ヨガ』およびヨガアイテムを揃えたセレクトショップを展開中。

メルマガや季刊エッセイの登録はメンバーシップ・コミュニティMVMより⇒
http://maeyoga.com/mvm/

<オフィシャルHP・ブログ>
www.maeyoga.com
www.vedatokyo.com
twitter.com/maeyoshikawa
facebook.com/maeyoga

<ADIDASオフィシャルムービー>
https://www.youtube.com/watch?v=drXSG-Rw8co

<CONNECT-A 最新ヨガ動画>
http://connect-a.jp/cnct98

 
チケットを購入
 

mayumi

鈴木 まゆみ

米国ヨガアライアンスティーチャートレーニング認定講師E-RYT500。

幼少期をハワイで、学生時代をアメリカ、オレゴン州にて大自然とヒッピーに囲まれて過ごす。

オレゴン大学で生物学、動物学、環境学を専攻し自然が持つサイクル、エネルギーの不思議さを実感したことがきっかけでメディテーションに興味を持つ。

瞑想センターを巡りながらさまざまな師から瞑想法を学び、帰国後は英会話講師をフルタイムで務めるかたわら、アメリカ西海岸、アリゾナ、ハワイ、ニューヨークを訪れて自己探究方法の学びを深める。

その後プロスポーツ選手の勧めでストレスマネージメントのために肉体に直接アプローチするハタヨガに触れ、アーサナの練習を本格的に始める。

現在はOM yoga、ヴィンヤサフロースタイルのヨガクラスや、初心者クラス、シニアへの指導のほか、東京にあるアンダーザライトヨガスクールにてヨガアライアンス200時間、500時間のプログラムを担当。

プライベートレッスン、各地での大型ヨガイベントでのクラス、日本各地でワークショップを開催中。

現在は英語と日本語のバイリンガルでインストラクターを務めるかたわら、さまざまなヨガ関連本の翻訳を行う。

ヨガブランドlululemon athlethicaアンバサダー、アンバサダーサミット2014日本代表。

OM yogaの3つの要素であるヴィンヤサ、アライメント、仏教メディテーションをベースにクラスを展開中。

図解YOGA アナトミー「医師が教えるヨガの解剖学」筋骨編、アーサナ編 翻訳者
著書「どこでも一分半ヨガ」
 
チケットを購入
 

rui

渡部 ルイ

SunroomYOGA主宰/ヨガ講師。
ヨガと出会いは2005年。

ミスワールド日本代表やモデルとして活動している時に心身のバランスを崩し、ヨガによって本来の自分を取り戻せることを経験し感銘を受けたことから、

より多くの人にその恩恵を受けてもらえたらと2010年に全米ヨガアライアンス認定インストラクター講座を修了し、

2011年に自然とつながる野外ヨガをメインとしたヨガスクール「SunroomYOGA」を立ち上げ、ヴィーガンとして社会活動家としての自身の経験を交えて、

ヨガの教えをマットの上だけでなく人生、そして社会で実践するライフスタイルを 提唱する。

 
チケットを購入
 

chama

chama

TOKYOYOGAディレクター E-RYT500 ヨガティーチャー。

レゲエクラブ経営、TV番組・CMの企画制作、バイクメッセンジャー、ケン・ハラクマのアシスタント、インド修行などを経て2002年tokyo-yoga.com (現TYG)設立。

『Live & Peace YOGA』を掲げ、フリーペーパーYOGAYOMUやヨガ手帳などヨガの普及を目的とするさまざまなプロジェクトを展開。

東北支援団体YAM東北発起人相談役。

ヨガフェスタ横浜はじめ、GOOUT CAMP、GREENROOM CAMP、香港アジアヨガカンファレンスなど国内外のさまざまなイベントやカンファレンスに定期的に出演、指導する。

2012年には米国版ヨガジャーナルにてchamaの活動が1ページに渡り紹介される。

HP:http://chama-yoga.com/
Facebookページ: http://facebook.com/chamayoga
TYG/TOKYOYOGA:http://tokyo-yoga.com/corp

 
チケットを購入
 

kengo

Kengo

True nature クリエイティブディレクター
ヨガインストラクター、鍼灸師、立教女子短期大学非常勤講師。

スケートボードカルチャーの影響を受けながら過ごしたサンフランシスコで怪我をきっかけにヨガと出会う。

自身のヨガブランド『Quiet time』を手がけ、静かな時間をブランドコンセプトにヨガイベント、ウエアデザイン、ヨガ用のmix CDなどの制作などヨガを様々なカルチャーに落とし込みディレクションしている。

『DUSK』では第1回目からDJを担当しヨガ独特の感情の変化をビートのあるグルーヴ感と自然環境音などを使って静けさを表現するplayには定評がある。

ホームページ http://www.quiettime.jp
スポンサー LUZ e SOMBRA(www.luz-e-sombra.com)

 
チケットを購入
 

miles

Miles Maeda

音楽プロデューサーDJとして活躍する中、瞑想やヨガを実践するようになる。
ヨガ、瞑想指導歴14年。
シカゴ、サンディエゴ、ポートランド、ロングビーチに練習用センターを設け、世界中の生徒を指導する。
日常の生活に取り入れられるヨガを専門とし、生徒達と共に、健康、教育、創造性、
コミュニティー作りなどに対する意識を高めることに取り組んでいる。

古典的なインド式ヨガ(ハタ・ヨガ、クンダリーニ・ヨガ)から、
アジアの武道(タオイスト・ヨガ)、中央アジアの古代の学派、
新しく作り出された統合運動機能を持つ、ピラティス、ジャイロトニック及びジャイロキネシスまで幅広く探究。
知識と経験を深めている。

ヨガ・アライアンスによるE-RYT/RYT500の認定を受けたヨガ指導者。

 
チケットを購入
 

gf

Gravityfree

djow(デジョー)と8g(エイジ)によるpainting unit。

“鎖に縛られない無重力な瞬間や感覚”をテーマに”LIVE”という概念の中で、音楽と共にGravityfreeのライブペイントは成長を遂げて来た。

現場の空気感や音の流れを汲み、絵は絶え間なく変化を遂げる。

音響的なペイントのグルーブ感は、共演したアーティストや多くのオーディエンスの支持を受けて、FUJI ROCKを始めとする日本の野外フェスティバルや音楽イベントでは欠かせない存在となり、現在もBandの様なフットワークで国内外ライブペイントツアーを行っている。
 

2009年にはモンタナ州、ミズーラ市のローカルフェスティバルにてパフォーマンスを行い、ローカル各地で行ったShowでも大絶賛の評価を得る。

2010年サンフランシスコはマーケットストリート沿いに壁画を制作。

カルフォルニア、オレゴンをバイオディーゼルとベジオイルを使って北上するツアー、ELEMENTS TOURに参加、5都市にてLive paintingを披露する。

ワークショップやアートを中心としたキャンプイベント”ARThcamp”を静岡県富士宮市にて企画開催。

2011年テネシー州、アメリカ最大のミュージック&アートフェス”bonnaroo”でLive paintingを披露。

2012年越後妻有アートトリエンナーレ(大地の芸術祭)にてインスタレーション作品、DEAIを公開。

2014年ボリビアツアー敢行、ウユニの学校や塩のホテルに壁画を制作他、首都ラパスにてLive paintを披露。

2015年エクアドルツアー敢行、ガラパゴス諸島はサンタクルス島のサンフランシスコ広場にて、文化交流として壁画を制作、首都のキトにてLive paintを披露。

Live paint カルチャーと愛を全宇宙へと伝えるべく、Gravityfreeの壮大なペイントの旅は続く。

 
チケットを購入
 

tj

滞空時間

http://taikuhjikang.com

インドネシアの青銅打楽器【ガムラン】と【影絵】を駆使して、唯一無二のパフォーマンスを繰り広げる芸術家・川村亘平斎のソロユニット。

都市と土着が融合した新たなお祭り空間は、日本のみならず世界中から熱い支持を受けている。

2009年にスタート。
2012年インドネシア/マレーシア2カ国ツアーを成功させ、
2013年に2nd album【RAINICHI 来日】を発表。小山田圭吾(cornelius),木津茂理(民謡歌手)等豪華ゲストが参加、音楽シーンに強烈なインパクトを与える。

その年の鎌倉宮薪能では細野晴臣氏と共演し、その後細野氏の主宰するイベントに出演する(2014,2015)。

2015年、ALMA music boxのコンピレーションアルバムに参加し、漫画【宇宙兄弟】とコラボレーションしたPVに楽曲提供。

2016年,7/20待望の3rdALBUM【ウミトヨル】をリリース。常に変化し続ける彼等のお祭り騒ぎは、ますます目が離せない。

西はアフリカ東は日本、広がる海のシルクロード、移ろい繋がる音と影。AYO!!!!SELAMAT JALAN!!!!!

 
チケットを購入
 

kyo

櫻井 響

Kyo Sakurai (ROAR Sounds)

民族音楽から電子音楽まで、さまざまな声と音をループしながらミックスし、新しくジャンルレスな音楽を創造するオルタナティブなHuman Beatboxer。

自然の中の音に最もインスピレーションを受け、自身のピュアなインナーコズミックを通してアレンジされた音は、聞く人それぞれのナチュラルな感覚を呼び起こす。

全国各地のアンダーグラウンドパーティをギグして回るライフベースに加え、大型フェスへの出演、ハイファッションブランドのレセプションパーティでのショーや、CM のオリジナルビート提供など、様々な需要に柔軟な表現で応え、自身の音楽の可能性を広げている。

海外へも足を運び、現地の様々なシーンを探り、人種やジャンルを問わず、巡り合うアーティストとのセッション体験は現地の空気や景色とともに、エモーショナルなセンスの一部になっている。

2015年 ビートボックスから編集までを手がけた作品「TRAVELLER」をリリース。

海外からのレコーディングオファーにも積極的に参加し、作品を残している。

Kyo Sakurai is an alternative beaboxer. Kyo makes sounds of rhythm of nature, ethnic instruments, and electric sounds with beaboxing. He plays all kind of genre, mix and loop them with kaosspad. He is inspired by nature sounds mostly. Kyo’s sound make people realize their own sense.

kyosakurai.tumblr.com

http://www.facebook.com/kyou.sakurai

 
チケットを購入
 

image1

奥野 恵子

全米ヨガアライアンス認定ヨガ講師。
E-RYT500。
アライメントベースヨガ、リストラティブヨガ講師。レイ・ロング医学博士『図解YOGAアナトミー実践編』翻訳者。

ロサンゼルスでアイアンガーヨガに出会い、アイアンガーヨガシニアティーチャーのマーラ・アプトの元で学び、アシスタントを長年務める。
現在、東京吉祥寺SHIZENヨガスタジオ、新宿UNDER THE LIGHTで数多くのヨガクラス、ティーチャートレーニングを担当。
道具を使うことで、体の硬い人、初心者にも無理なくヨガができ、上級者はより深くアライメントを理解できると定評がある。雑誌等で、道具を使ったヨガの監修を行う。

 
チケットを購入