Facebook twitter Instagram Youtube
カートの中 新規会員登録

【2015.11/8】YOGA FOR LIFE -呼吸と瞑想をとおして あらためて ” ヨーガ ” に出会う-

第3回目となる今回のテーマは、、、
「EIGHT LIMBS(八枝則)」について。

ヨガの本を読んだことのある方なら聞いたことがあるかもしれません、八枝則。

「どーもー。」といつものように吉田友子がスタジオに到着。
第3回目となり、おなじみになったメンバーも続々とスタジオに到着。
それぞれ先月からの近況報告をしながら、クラスは緩やかにスタートしました。

吉田友子が早速黒板に何やら書いていきます。

IMG_6370

1.YAMA(ヤマ)
2.NIYAMA(ニヤマ)
3.ASANA(アーサナ)
4.PRANAYAMA(プラーナヤーマ)
5.PRATYAHARA(プラティヤハーラ)
6.DHARANA(ダーラナー)
7.DHYANA(ディヤーナ)
8.SAMADHI(サマディ)

フムフム。
書かれたワードは以上の8つ。
これが八枝則というものだそう。

「八枝則とは、昔々、インドの聖者パタンジャリが示した、ヨガの道の練習における8つのステップのことなんですよ。」

例えば柔道で練習の段階によって白帯から黒帯まであるように、ヨガの道にも段階があって、その修練の状態を示すものだそう。
ついつい3番のASANA(アーサナ)=ヨガの練習と思ってましたが、それだけではないのですね〜。
IMG_6351

1番から順番に一通り説明が終わって、
「さて、皆さん、この中で、どれだったら実践できそうですか??」

一同、シーーーーン。。。(笑)

「正直どれもできそうにないです…(汗)」
といった正直なご意見も(笑)

IMG_6358

説明ででてきた、正直であることとか、人の物を盗まないこととか、当たり前のことのようだけど、厳密に実践してみようとすると、とても難しいものであることがよくわかりました。
よりよく、快適に、日常生活を過ごす為のツールとなってくれる、道しるべのようなものなんですね。

「ただ、どれかひとつを実践、徹底しようとすると、他のテーマを守ることにも繋がるので、この1週間どれかやってみてください。」

確かに、普段の生活で気をつけてみると、面白いかも。。

IMG_6363

アーサナについても、気をつけることってありますか。

「子犬をしつけていくようなものなんですよ。例えば、前屈をすると足がぴりぴりしますよね?その感覚から、逃げたくなったり、またはもっと無理をして曲げようとしたり。言うことを聞かない自分の体に意識を置いている間は、その足の感覚に意識を向けることができます。ひとつのことに意識をむけていくことの練習になるのです。」

アーサナを練習することは、単に体の可動域を広げることというだけではなく、自分に集中力を集めるためのテクニック。
体の可動域が広い、体が柔らかいからといって、ヨガを極めているというわけではないんですね!

八枝則についてくわしく知りたくなったら、ぜひインストラクターに聞いて調べてみてください。
きっとヨガの面白さがさらに増してくるはず!!

担当講師
ws02

吉田友子

02年よりヨガを練習し、08年より指導を行う。本来の自分、いちばんニュートラルな状態へと導くクラス作りを得意とし、国内外の素晴らしい師と出会い、交流を重ねながら、流派にこだわらずヨガの学びを深めている。
また、自然療法にも興味を持ち、自然を師に日々の暮らしから学びインスピレーションを受け続けながら、現在も、雑誌やメディアに登場し、ヨガの魅力を伝えている。『Elephant* yoga』主宰。