Facebook twitter Instagram Youtube
カートの中 ポイントチャージ 新規会員登録

【2016.1/24】Yoga for woman ~女性のためのヨガ~

普段は男性も女性も半々くらいの方でにぎわっている、True Nature YOGA STUDIO 。
今回はめずらしく“女性限定”で行われたこのワークショップ。
その名も「Yoga for woman〜女性のためのヨガ〜」

参加したかったという男性の方々、、ごめんなさい!!
女同士で盛り上がったこのワークショップ、よろしければレポートだけでもすこし覗いていってください(笑)!!

DSC_0495

さて、天気のいい昼下がり、ボルスターをテーブル代わりにまるでお家にいるかのようなリラックスムードでスタート。まずは参加者の方、そして講師hanaの自己紹介から。

ー”子どもが少しずつ大きくなってきたけど、体を壊したり、最近心の余裕がもてなくて、、、。
自分の生活のリズムをうまく作っていきたいんです。”ー

ー”仕事で朝早くから、終電までずっと働いていて、いつもピリピリしているんです。そしてそんな自分にもイライラしたり。
どうにかマネジメントしないとなと思っていて。”ー

皆さん、それぞれ色々な悩みをお持ちのご様子。

DSC_0508

「近代のものや生活と調和しながら、どううまく付き合っていくか、これってすごく女性にとって大切な課題なんですよ。」とhana。hanaはヨガ講師として活躍する一方、雑誌やwebでライターとしてもバリバリ仕事をしつつ、ご家庭ではお子さんを持つお母さんの顔も持っています。
妊娠・出産・子育てなどのライフスタイルの変化が大きい女性だから、毎日をより楽しく過ごす為のヒントがないかと皆さんも興味津々です。

【男女の体の違いについて】
さて、早速話は男女の体の違いについて進みます。
確かに見た目の違いはもちろんよく知っているところですが、他にもどんなものがあるんでしょう。。

「体の内側のつくりで言うと骨盤の形状も実はかなり異なるんですよ。」

DSC_0522

DSC_0520

配られた資料で、男女の骨盤の形を見てみると一目瞭然!!
形が全然違う、、、。

女性の骨盤は洗面器のような形。真ん中には赤ちゃんの頭が入る丸さがあって、浅くてひろい骨盤。
一方、男性の骨盤は狭くて深い形。縦長の骨盤の作りをしています。

男性がこんな縦長の形をしているのは、狩りをするために早く走るため。一方、女性は妊娠・出産をするためだそう。

女性に多い、いわゆるX脚も、そもそも骨盤の形が違うため、足のつき方自体が違うのが原因とのこと!!
ヨガのポーズで膝が内側に入りやすいのも、女性ならではの体の作り方が原因だったんですね。

【ホルモンや自律神経の働きについて】
お話はさらに進んで、男女のホルモンの働きの違いと、自律神経の働きの違いについて進みます。
現代社会で自律神経失調症になるのは、圧倒的に女性が多く、それは、複雑に入り乱れる2つの女性ホルモンのバランスをとることが日常的に繰り返されているから。

DSC_0494

確かに、月に1度のイライラは、申し訳ないなと思いつつ、そっと見逃して欲しかったりしますよね(笑)
そんな女性が男性と同じ土俵に立って仕事をすることは、ちょっとした工夫が必要なのかも。
でも、原因が分かれば、うまく対処もできるような気がしてきます!!

【呼吸と、自宅で簡単にできるホームケア】

DSC_0535

クラスの終盤では、おうちでできる、体を暖め、体の調子を整えるホームケアをいくつか紹介。
ヨガの呼吸がなぜ自律神経の調子を整えるのか、その秘密と、症状に適したヨガのプラクティスについてシェアしていただきました。

DSC_0536

女性だからこそ、そして女性限定だからこそ話せるここでは伝えられない裏話も多々あり(笑)
その辺りは、ぜひ実際にレギュラークラスで聞いてみてくださいね。

レギュラークラス
毎週火曜日_7:00-8:45 GOOD MORNING YOGA
(2016年4月より毎週金曜日_19:00-20:15となります)

講師紹介

hanako murakami

hana

2004年にヨガと出会い、綿本彰氏のもとで指導者としてのトレーニングを積む。
現在は、都内各地でヨガの指導を行う他、ヨガの専門誌「Yogini」の編集とライティング、Yahoo!JAPANのスポーツサイト「Sports Navi Do」に連載コラムを執筆するなど、ヨガネタを得意とする編集・ライターとしても活動中。

2012年に第一子出産後は、自身の経験を踏まえながら、変化の多い女性のライフステージに寄り添うヨガの指導にも情熱を注ぐ。2014年にはヨガウエアブランド「suria」アンバサダーに就任。