Facebook twitter Instagram Youtube
カートの中 ポイントチャージ 新規会員登録

【2016.4/29】渡辺純子の陰ヨガワークショップ

いろんなヨガのスタイルがあるなか、「陰ヨガ」というスタイルを聞いた事のある方は多いかと思います。
スタジオでも“陰ヨガできるところ探してるんです!!”というお声をいただくこともあり、現在もとても注目度が高いヨガのスタイル、陰ヨガ。

イメージを聞いてみると、
「よく動くヨガが陽ヨガで、動かないでリラックスするのがが陰ヨガですよね!」
「なんだか静かなイメージ」
「私は動く方が好きだから、やった事ないな〜。」
というお声やイメージをちらほら聞きます。

イメージのとおり、動きが緩やかなので、運動が苦手な方、運動不足の方や、体の固い人でも簡単に挑戦できるヨガですが、実は普段たくさん動くタイプのヨガを練習されているアクティブな方や、仕事や、家事、育児、、とにかく忙しく時間に追われるような生活で疲れてしまっている。。。と感じているアナタにもぜひぜひオススメしたいヨガ!!
動きが少ないから興味ないと思っている方、これは体験してみないと損ですよ〜!!

そんな陰ヨガの講師、渡辺純子は、日本全国・アジア・シンガポールを拠点にJuno style主催として陰ヨガを中心に活動をされていますが、この春より満を持して東京へ戻って活動を再開。
日本で彼女の陰ヨガを体感できる貴重な機会に、「待ってました!!」と、ワークショップも公開後すぐ満席となるなどの盛況ぶり!!さて、そんな本日のワークショップは、1部「陰ヨガセラピー講座〈水の調和〉」、2部「春の陰ヨガ〜1年のスタートに知っておきたいこと〜」と贅沢に2部構成での開催です。

【知っているようで知らない、陰ヨガの“陰”の意味】  

「陰ヨガ」とひと言で言っても、講師によってクラスの内容や指導方法は実は様々。
“初めて行った陰ヨガのクラスが気にいったので、他のクラスも行ってみたら、全然別物でびっくりしました!”ということもよくあるようです。

DSC_0042

「私の伝える陰ヨガは、“陰陽思想の陰のエネルギーに対して忠実な陰ヨガ”。それがセラピーになりうる、と考えています。」

この陰ヨガのいう“陰”とは中国思想の中枢である「陰陽五行思想」に基づいた考え方がベースになっているそう。

“うーん。単語は聞いた事があるんですが、、、具体的にはすいません、よく知らないかもしれません。。。”

「そうですね、例えば、身近なことで言えば、春夏秋冬、4つの四季をめぐらせてバランスをとっているのも陰陽で考えることができるんですよ。」
例えば、春・夏は草木も太陽に向かって上昇したり、すくすく伸びていく季節。
一方、秋・冬になれば葉っぱは落ちて根や、幹にエネルギーをためていく。
見た目にも全く逆の現象がおこっていることは、皆さんよく知っていること。
これは自然界のエネルギーの影響をうけて草木がそれに合わせて反応して起こる現象です。
このそれぞれ真逆のエネルギーの働きをそれぞれ、陰・陽と分類しているんです。

つまり、陽のエネルギーは、活動的で、発散したり、エネルギーを使って何かを成し遂げるエネルギー。
逆に集中したり、固まったり、下降したり、地にかえっていくエネルギーのことを“陰”と分類します。

夜や冬は、“陰”、昼間や夏は“陽”に分類されるように、真逆のエネルギーがうまくバランスをとって、お互いが補い合っているのだとか。

ー“あ、、、では単純に“陰”は暗い、明るいとは関係ないんですね(笑)”
「よく言われますが、、関係ないですよ(笑)。陰と陽という、全く真逆のエネルギーが共存して、バランスのよい状態を目指しています。」

確かに、冬場に木や草が大きくのびのび成長しないのは、皆よく知っていること。
自然の中にサイクルとリズムがあって、草木だけでなく、その影響を私たちも受けているのは間違いなさそう。

【今、なぜ陰ヨガなの??】

「以前、陰ヨガのクラスに、ヨガをするのが初めての方がいらしたことがあるんです。運動もほとんどされたことない方でしたが、クラスにしばらく通っていただいているうちに、次第に動きたくなって、陽のヨガ、つまり動きのあるヨガを始められたんですよ。でも実はこういうこと、よくあるんです。」

今まで体を動かすことも苦手だったし、動きたいと思う事もあまりなかった方が、少しづつ陰ヨガを続けるうちに動きたくなってきたというのがとっても不思議。逆もまたあるそうで、アクティブに動いていた方が、最近は陰ヨガの気分で…とクラスにいらっしゃることも多いそう。

DSC_0039

「エネルギーも、チャージしないと使えないということです。携帯電話も、充電池もまずはチャージして使いますよね。バッテリーがない状態で動かすことはできない。エネルギーを保存して、使って、保存して、使う、、その大きなサイクルが陰と陽のバランスなんです。」
それは陰と陽、春夏秋冬、朝昼夜の24時間の1日のサイクルでも言えることで、朝には活動を始めて、夜には寝るのが日常。寝ずに活動を続けていてもいつか倒れてしまいます。

活動して、疲れるから休息があるのだと思っていたけれど、
まずエネルギーをためないと活動できないとう表現がとっても印象的。
動くこと、蓄えること、どちらもちゃんと“頑張る”とは今まで考えたことなかったな、、、。

休んだり、体をいたわることを積極的にするのは、“エネルギーをためるという活動をする”というとても大事なことなのだなーと、皆さんも大きく納得されている様子。

よしっ、今日は、残りの仕事も置いといてビールでも、、、。
と思った方はきっと他にもいたはず、、、と願いつつ、、。

陰ヨガは、もしかすると女性だけでなく、忙しくお仕事されている男性、現代人にとって、必要なツールなのかもしれません。

【陰陽五行説】
お話はさらに詳しく、陰と陽をさらに細かく分けた、五行説のお話へ。
“水、木、火、土、金”の元素を聞いたことがある方は多いかと思います。

そしてこれらの5つの元素は、体の機能や、なんと心の状態にも対応していて、それぞれが密接な結びつきがあるそう!!
知らず知らずのうちに、季節に感情まで左右されているって、、、体って凄い!!

クラスでは、さらに詳しく、中医学の古い書物に基づいた季節のエネルギーの特徴、特に春のエネルギーの性質や特徴、そして、、寝る時間や、食べ物まで細かく記された、ライフスタイルのお話まで詳しく紹介。
指摘されると、
ー“まさに今の私、その状態です、、、!!”と実感される方もいらっしゃり、細かく研究された結果がつまった昔の人の知恵は本当に凄いなと実感します。

季節によって自分の体がどのように変化して、どんな影響を受けているのか。
影響を知るだけで、賢い過ごし方を身につけることもできます!
これを知っておけばお仕事や家庭でもコミュニケーションが円滑になることもあるかも。

【陰ヨガセラピー・春の陰ヨガのシークエンスを体験!!】

そして、お待ちかねの、実際に体を使ってエネルギーを整えるワークへ。
1部、2部の内容にそって、それぞれ陰のエネルギーを整えるワーク、そしてさらに、春の体にフォーカスしたワークを実践。
見た目の動きは少ないけれど、自分の体を繊細に感じていく作業が続きます。
それぞれ目的の場所にフォーカスされたアーサナで少しづつ体が開いてくるのが分かります。

DSC_0029

“あーー、気持ちいい、、、、”

一度アーサナに入ると、キープ時間が長いので、見た目は凄く地味なのですが、それぞれの生徒さんの体格あわせた的確な指導、アジャストが入るので、まさに開きたいところがゆっくりと無理なく開いてくるのが分かります。
意識すべき場所、呼吸の入っていく場所が感じられて、リラックスしながらも、じんわりとと開かれていく自分の体に自然に集中します…。リラックスしているけれど、ぼーっとしているのとは違う、瞑想にも似た感覚。

DSC_0048

クラス後の生徒さんの感想で多かったのが、
「とにかくアジャストが凄いんです!!!」
という陰ヨガながらも若干興奮ぎみの声(笑)
言葉での誘導ももちろんですが、実際に触れられてみて、
「あ、ここが伸ばしたかったんです!」
「どうして分かったんですか!?」
と、軽くやさしく触れるようなアジャストながらも、かゆい所に手が届くアジャスト。
生徒さんを見ていても、ピンポイントで触れられるだけなのに、力の方向や意識する場所がはっきりと変化して、おどろくほど体が伸びていきます。

…これが噂にきいていた純子マジック!!

渡辺純子のクラスは、毎週木曜19:00〜20:15のTrue Nature YOGA STUDIO レギュラークラス、そして、5月28日(土)、29日(日)開催のTreu Nature 2015 in Karuizawa でも開催されます。
奥深い陰ヨガの世界をぜひ体験してみてください!

講師紹介

junko_watanabe

渡辺純子 / Junko WATANABE

2009年より、ビクターチャン氏の通訳を開始し、自身でも陰ヨガの指導を行う。
日本人では、いち早く「陰ヨガベーシック」「経絡シリーズ」「タオヨガ(陰陽 ヨガ)」をビクター氏から学んだ一番弟子。さらに、通訳を通じて、指導の現場に最も接してきた講師でもある。
東京や京都などで、ビクター氏の講師養成講座のフォローアップ講座も担当し、同氏の講師養成講座卒業生が、継続して学べる場づくりを担ってきた。日本人らしい、きめ細やかな指導に定評がある。

陰ヨガは、その性質から教えることが難しいと言われるヨガのひとつであるが、通訳の仕事を通して、陰ヨガを伝える「言葉」について深く研究をしてきたことが、現在の深いリラクゼーションと癒しのクラスづくりに生かされている。

陰ヨガやどの流派のヨガも、楽しみながらプラクティスをしているヨガが大好きな講師。
中医学を学んでからは、陰陽バランスを整えることが、日々の健康管理やライフスタイル探求の柱となっている。アロマセラピストとしても活動をしており、ヨガだけでなく、アロマセラピーにも五行思想を応用するなど、中医学の幅広い知識をもつ。

自ら主宰のJunostyle~Journey to the Unique, Natural and Own way of lifeStyle(http://www.junostyle.jp)では、陰ヨガやアロマセラピーを通して、日本人にとって、今とても必要な「陰のあるライフスタイル」を伝える活動をしている。

ヨガアライアンス認定講師(E-RYT200)。
ビクターチャン氏100時間陰ヨガ講師養成講座修了。
Bliss Baby Yogaマタニティ・産後ヨガ講師養成講座修了。
英国IFA認定アロマセラピスト(MIFA9063)

渡辺純子のBlog  http://www.junostyle.jp/blog/
Junostyle Website  http://www.junostyle.jp/
Yin Yoga Online Self-practice  http://www.junostyle.jp/membership/