考えを手放すという手法がシンプルで腑に落ちやすかったです。いかに自分が普段「ここにいる」ようで、いなかったかがというのがよく分かりました。