TRUE NATURE MEDITATION

〜メディテーションを通して社会と関わる〜

コンパッション(Compassion)という言葉はご存知でしょうか?
最近アメリカではスタンフォードに研究期間が設置さるなど、マインドフルネスに続くメソッドとして注目を集め始めています。
コンパッションとはすなわち『思いやりの心』。この思いやりを育む方法は古来よりマハヤーナ(大乗)とトレーニングとして多くの人々が学んできました。

このコンパッション概論は、ニューヨークで長年メディテーション指導を続けているDavidが、コンパッションを学んでいくために必要な理論を6つのテーマにそって分かりやすく説明をしていく講座です。

お申込フォームはこちら

講座内容

Segment 1:
4つの深淵な言葉(四無量心)
3月15日(木) 10:00-12:30

メディテーション・プラクティスを終了した際に4つの言葉を唱えることがあります。

命あるものすべてが幸せでありますように
命あるものすべてが苦しみから解放されますように
命あるものすべてが他人の幸せから喜びをえられますように
命あるものすべてが平穏の中、執着、怒り、無関心から解放されますように

この4つの願いは、慈しみ、思いやり、喜びを分かつ心、平穏な心を表し、4つの広大な心(四無量心)と言われます。この願いを本当に理解することは、自分だけでなく他者にも計り知れない恩恵をもたらします。四無量心のプラクティスを行うことで、自分の人生をさらに価値のあるものになっていきます。

Segment 2:
六波羅蜜
3月15日(木) 14:30-17:00

波羅蜜はマハヤーナ/ボーディサットヴァ(菩薩道)の中心的なテーマの1つです。波羅蜜とは 文字通りに解釈すれば、彼岸に渡るという意味になります。この波羅蜜を学ぶことで、自分だけのことを考えるのではなく、他者を気遣う気持ちを磨きます。

六波羅蜜とは:
1. Generosity 寛大さ(布施波羅蜜)
2. Discipline 規律(持戒波羅蜜)
3. Patience 忍耐(忍辱波羅蜜)
4. Exertion 努力(精進波羅蜜)
5. Meditation 瞑想(禅定波羅蜜)
6. Discernment 洞察(智慧波羅蜜)

Segment 3:

3月15日(木) 19:00-21:30

他を思いやる心を育て、更に磨きをかける上で「空(シュニヤター)」の観念を知る事が重要です。「空」は大乗仏教におけるとても大切な主題です。
虚無主義はこれを虚空と理解し、ゆえに「空」とは取るに足らない非現実的なものと捉えますが、これは、空の概念に対する大きな誤解です。他の教えでは、シュニヤターを「空」ではなく、むしろ 「増大」や「可能性」と捉えるものもあります。このように、「空」とは、何もないのと同時に豊富で満たされている様を説明した言葉なのです。

Segment 4:
マインドトレーニング : ロジョン
3月16日(金) 10:00-12:30

ロジョンとは、心と頭、自分の内面を鍛える為の総合的な手法です。‒ 空の概念を理解する事と、より大きな思いやりを育てる事の関連性を理解する為のプラクティス。
ベースとなっているのは、12世紀にチベット・メディテーションの師として知られたチェカワイェシェ・ドルジェ著の”The Seven Points of Training the Mind”です。このプラクティは、心を開き生きとし生けるものものすべてに思いやりを培うものでもあります。

Segment 5:
トンレン
3月16日(金) 14:30-17:00

トンレンと呼ばれるプラクティスは、英語で “sending and taking” (送り受け取る)と訳され、ロジョンにおけるスローガン的な位置づけのメディテーション。伝統的な仏教の修行で、特に自身の内面に集中し、他に思いを届ける事にフォーカスしていきます。

Segment 6:
コンパッションと菩薩戒
3月16日(金) 19:00-21:30

大乗の道を歩む人とは、ボーディサットヴァ(菩薩)と呼びます。菩薩とは真実の悟りを求める人。菩薩は他の生きとし生けるものの為に悟りを開くように願う。その為に2つの相反すると見られる責任を果たす必要があります。

他の生きとし生けるものの為に悟りを開く。
生きとし生けるもの全てが悟りを開けるまで自身が悟る事を慎む。

菩薩戒はこれらの目標に向けて精進しようとする者が、意志を宣言し、目標達成に向けて繰り返し原点に立ち戻りプラクティスを続ける事です。大乗(マハヤーナ)のプラクティショナーには、正式に坐って行なうものと、日常的に生活の中で行なうトレーニングがあります。

日程:
3月15日(木)①10:00-12:30 ②14:30-17:00 ③19:00-21:30
3月16日(金)①10:00-12:30 ②14:30-17:00 ③19:00-21:30

講師:ディビット ニックターン(*専門通訳を介した講座となります)
場所:True Nature STUDIO
受講料:75,000円(税別)(税込価格:81,000円)
対象:どなたでも参加可能
定員:25名様

[ お申し込み方法 ]
■下記のお問い合わせフォームからお申込み下さい。
お申込フォームはこちら

■参加希望WS名、お名前、連絡先、住所をご記入の上、お申込みください。

※料金はお申込み後、1週間以内に銀行振込にて事前入金となります。入金完了で申込完了となります。
※定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。

<キャンセル料>
開催日含む10日前 全額返金
開催日含む9-3日前 50% 
開催日前日/当日 100%

・キャンセルは、原則として ≪10日前までに≫ ご連絡をお願いします。
・店頭でのクレジット決済の場合のキャンセル返金はお振込となります、ご了承ください。
・お客様都合によるキャンセル返金はお振込手数料を差し引かせて頂きますのでご了承ください。

[ お問い合わせ ]
True Nature Meditation 事務局
TEL:03-6455-4977
http://truenature.jp/tnm/
MAIL:meditation@truenature.jp

講師紹介

ws05

ディビット・ニックターン / David Nichtern

ニューヨーク在住の瞑想歴45年のメディテーター。アメリカで著名なShambhala mdeditation centerの上級講師 として、メディテーションを日々の生活のエッセンスにすることをテーマに北米、ヨーロッパ各国でメディテーションの指導を行っています。チベットの活仏であったチョギャム・トゥルンパ・リンポチェによって創設され、現在その息子であるサ キョング・ミファム・リンポチェによってアメリカを中心に展開しているシャンバラ・ブッディスト・リニエージ。このプログラムは、古来より続くチベット仏教の哲学や修行方法を現代的なアプローチによってよりわかり易く伝えるように開発されています。

デイビッドは、このプログラムのシニアティーチャーであり、バーモント州のカルメチョチングメディテーションセンター ディレクター、ニューヨークOMヨガセンターの仏教学ディレクター、シャンバラ・インターナショナル・トレーニングの 広報線戦略ディレクター等を歴任してきました。彼の伝統的な仏教への知識はとても深く豊富でありながら、毎週、 u-streamで仏教学についてのライブ配信や、creativeLIVE.comによるオンラインワークショップ、さらには近日発売 される彼の著書「Awakening From The Daydream: The Wheel of Life」などを通じて、一般の人々にいかにわかり 易くメディテーションや仏教を伝えるか?を主題として日々活動を続けています。

LINEで送る