TRUE NATURE MEDITATION

ニュース

2017.12.05

【TNM マインドフルネス・メディテーション・ビギナー第2回】開催報告

TNM マインドフルネス・メディテーション・ビギナー第2回
2017年11月24日(土) 講師: 河津祐貴

11月から始まったマインドフルネス・メディテーションのワークショップ、3回シリーズの第2回。テーマは「マインドフルネスの科学」。

今日はマインドフルネスから派生したプラクティスやセラピー、そして科学的観点から見たマインドフルネスについて勉強しました。

マインドフルネスが日本で話題になるきっかけになったMBSR(マインドフルネスストレス低減法)、そしてMBSRから端を発した認知行動療法やアートセラピー、食事療法など様々な手法がある事。

どれが本当でどれが嘘かではなく、どれも正当なマインドフルネス・メディテーションを基盤に広がったプラクティスである。それを知る事も今後自分がマインドフルネスを実践して行く上で有効な知識だと思いました。

そして、後半はマインドフルネスを実践する事で訪れる脳内の変化について。なかなか実感がないですが、実はマインドフルネス・メディテーションを継続的にプラクティスしていると、私たちの脳内は大きく変化します。

どうして変化するのか、変化すると私たちどうなるのか、どれくらいプラクティスすればその変化が現れるのか。薬とは違い副作用がなく変化が得られる、健全なマインドフルネス。

科学が苦手な人でも、自分の中に生じるかもしれない変化を知る事は、今後プラクティスを続けて行く上でのモチベーションに繋がると思います。

次回、第3回は1週空いて12月9日(土)の14時から。テーマは「メディテーションを日々の生活に!」です。最終回ですが、100時間及び150時間講座受講生の皆さんは、ドロップインでの参加も4,000円(税別)で受け付けています。

来年1月にも、同じワークショップ3回シリーズを開催します!今回スケジュールが合わなかった方も、是非ご参加ください。詳しくはTNMホームページをご覧ください。