Facebook twitter Instagram Youtube
カートの中 新規会員登録

渡辺 純子

2009年より、ビクターチャン氏の通訳を開始し、自身でも陰ヨガの指導を行う。
日本人では、いち早く「陰ヨガベーシック」「経絡シリーズ」「タオヨガ(陰陽 ヨガ)」をビクター氏から学んだ一番弟子。さらに、通訳を通じて、指導の現場に最も接してきた講師でもある。
東京や京都などで、ビクター氏の講師養成講座のフォローアップ講座も担当し、同氏の講師養成講座卒業生が、継続して学べる場づくりを担ってきた。日本人らしい、きめ細やかな指導に定評がある。

陰ヨガは、その性質から教えることが難しいと言われるヨガのひとつであるが、通訳の仕事を通して、陰ヨガを伝える「言葉」について深く研究をしてきたことが、現在の深いリラクゼーションと癒しのクラスづくりに生かされている。

陰ヨガやどの流派のヨガも、楽しみながらプラクティスをしているヨガが大好きな講師。
中医学を学んでからは、陰陽バランスを整えることが、日々の健康管理やライフスタイル探求の柱となっている。アロマセラピストとしても活動をしており、ヨガだけでなく、アロマセラピーにも五行思想を応用するなど、中医学の幅広い知識をもつ。

自ら主宰のJunostyle~Journey to the Unique, Natural and Own way of lifeStyle(http://www.junostyle.jp)では、陰ヨガやアロマセラピーを通して、日本人にとって、今とても必要な「陰のあるライフスタイル」を伝える活動をしている。
 
 
ヨガアライアンス認定講師(E-RYT200)。
ビクターチャン氏100時間陰ヨガ講師養成講座修了。
Bliss Baby Yogaマタニティ・産後ヨガ講師養成講座修了。
英国IFA認定アロマセラピスト(MIFA9063)

渡辺純子のBlog  http://www.junostyle.jp/blog/
Junostyle Website  http://www.junostyle.jp/
Yin Yoga Online Self-practice  http://www.junostyle.jp/membership/


渡辺 純子のクラス内容

陰ヨガ グラウンディングから始まる心身の調和
【日時】5/28(sat) 16:00-17:30 【会場】バンケット1
陰の概念から心身の調和を考えたとき、キーワードは”グラウンディング”です。

別のいい方をすると、”地に沈む力”や”落ち着く力”です。
陰ヨガに限らず、どんなヨガでもグラウンディングが必要なのは、
体を通してヨガのポーズを行うときに、足元の土台が必須だからです。

地に足をつけることは、全ての土台や基礎となり、
私たちを支えるものとなります。

また、忙しい社会生活の中で、精神的な落ち着きを得るためにも、
心のバランスが必要ですが、ここでもグラウンディングする力が大切となります。

陰ヨガは、静止をしてポーズを取ることで、
地に沈むようなエネルギーを培っていくヨガです。

静止をすることは、心身に落ち着きとグラウンディングする力を与え、
調和や瞑想へと導いてくれます。
そして、ヨガの究極的な目的である”自分を知ること”=”True Nature”に辿り着く可能性を引き出してくれるでしょう。

陰ヨガ 陰ヨガで深める呼吸と気の流れ
【日時】5/29(sun) 09:00-10:30 【会場】バンケット2
ヨガという観点から私たちの体を捉えたとき、
必ずエネルギー(気)が宿っています。

エネルギーは、絶えず流れていて、寝ていたり静止をしている体内でも動いています。

このエネルギーが、頭から足先まで体全体に滞りなく流れるときに、
私たちの心身に流れが生まれ、血液や気の循環といった身体的な健康を維持する他、感情や気持ちの解放など精神的なバランスも保たれます。

このエネルギーの流れを助けるのは呼吸です。
現代人の多くは、呼吸が浅いと言われます。
呼吸が浅いということは、エネルギーの流れも弱いということです。

陰陽の観点から呼吸を深めるためには、
心身に陰エネルギー(陰の質)が必要です。

このプラクティスでは、陰の概念に注目し、
静止したポーズの中に意識を向けて、少しずつ呼吸を深める陰ヨガを行います。
陰ヨガから生み出されるエネルギーの流れを感じてみてください。

陰ヨガ Michael Glenn 代行・追加クラス(内容は当日発表)
【日時】5/28(sat) 14:00-15:30 【会場】バンケット2