Facebook twitter Instagram Youtube
カートの中 新規会員登録

ネルケ 無方

安泰寺の九代目の堂頭(住職)

1968年のドイツ生まれ。
16才の時、高校のサークルで坐禅と出合い、将来禅僧になることを夢見て日本に。
ドイツの大学で哲学と日本学を専攻し、在学中に一年間日本に留学。
その際、安泰寺に上山し、半年間の修行体験を得る。
帰国後に大学を修士課程で卒業し、再び安泰寺に入門。
八代目の住職、宮浦信雄老師の弟子となる。

雲水として安泰寺で修行後、京都の東福寺と小浜の発心寺と言った専門僧堂にも
それぞれ一年間掛搭し安泰寺でさらに4年間過ごした後師匠の法を継ぐ。

33才のとき、独立した禅道場を開くため、
下山して大阪城公園で「流転会」と称してホームレス雲水生活を開始する。
その6ヶ月後、2002年の2月に師匠の訃報を聞き、テントをたたみ安泰寺へ。

現在は雲水と年間100人を超える国内外の参禅者を指導。

大阪で知り合った妻と結婚し、3人の子供の父親でもある。


ネルケ 無方のクラス内容

ビギナーズ禅
【日時】5/28(sat) 10:00-11:30 【会場】コテージ前会場
ドイツ人の禅僧侶、ネルケ無方が手足の組み方から呼吸と心の持ち方まで、
丁寧に坐禅の整え方をご説明します。
初めての方からリピータまで、自分とじっくり向き合い、
静かな時間の流れを味わえます。

私は16歳のときに学校の先生に坐禅に誘われるも「興味がない」とあっさり断ったが、
一度もやってみないで、どうして興味がないといえるのか。
やってみないと判断ができないだろう
という理屈に反論できませんでした。
一度だけのつもりの坐禅でしたが、その結果として今の私がある。
あなたも、いちどトライしてみませんか?

禅の心構え
【日時】5/28(sat) 14:00-15:30 【会場】コテージ前会場
あなたは何を求めて生きていますか。
お金? 恋愛? 出世? 健康? それとも幸福?

求めれば求めるほど、そのものが遠くへ逃げてしまいます。
いつまでたっても「もうじゅうぶんだ」という気持ちになれない。
外に向かって求めるあまり、今ここ、この自分を見失っていませんか。
自分を留守にしていませんか。

気を付けなければ、坐禅やヨガを美や健康、
あるいはサトリを手に入れるための手段として利用してしまうことがあります。

鼻の前にぶら下がった人参を追い求めることをやめましょう。
自分を投げ出して、ただ坐る坐禅に身も心も委ねましょう。

私は坐禅をしない。

坐禅が坐禅し、坐禅が私をする―そういう時間にしたいものです。

トマトときゅうりのプラクティス
【日時】5/29(sun) 9:00-10:30 【会場】コテージ前会場
人のやった事は、私のやった事にはならない。
人の実践も、私の実践ではない。
ヨガにも禅にも「すべては、この私から」という主体性が必要不可欠です。

と同時、先生について学ぶこともまた大事です。
自己流ではなく、自分を忘れて実践すること・・・。

入門時に師匠から「まず黙って十年、ここで坐れ」と言われていた私も、
今では何人かの弟子の師匠になった。

修行道場の現場のエピソードを交えながら
プラクティスの意味を考えたいと思います。

「私の実践」から師弟関係まで、ヨガの八支則と仏教の八正道から、
21世紀を生きる大人の条件まで、話は縦横無尽に広がります。

禅、ヨガ、そして人生の目的を問い直すクラスです。

禅僧と〝マック・マインドフルネス〟
【日時】5/29(sun) 13:00-14:30 【会場】コテージ前会場
マインドフルネスとは何か?
昔は「念」と言われ「気づき」とも訳されている「マインドフルネス」は
昨今の精神世界で注目を集めています。

私の心は止まることはなく、いつもあちらへ行ったりこちらへ来たり、
せわしく動いています。「マインドフル」だなんて、大嘘だ!
しかし禅の境地は、決して思考停止ではありません。

禅僧の立場から正しいマインドフルネスと
間違ったマインドフルネスについて説明します。

「マインドフル」という言葉にすらとらわれない心こそ、
本当にマインドフルなのです。

空飛ぶ鳥のように、大きな流れにまかせていこう。
今ここ、この自分になりきるためには、いざ「マインドフルネス」も手放してみよう。