Facebook twitter Instagram Youtube
カートの中 新規会員登録

ネルケ 無方

兵庫県にある曹洞宗の禅道場、安泰寺住職。1968 年のドイツに生まれ、16 才のときに高校のサークルで坐禅と出合う。
将来禅僧になることを夢見て、大学で哲学と日本学を専攻、在学中に1年間日本に留学する。
そのとき初めて安泰寺に上山し、半年間の修行体験を得る。帰国後に大学を修士課程で卒業し、再び安泰寺に入門。
八代目の住職、宮浦信雄老師の弟子となる。
33才のときに、独立した禅道場を開くために下山。
大阪城公園で「流転会」と称してホームレス雲水生活を開始する。
その6か月後の2002 年2月、師匠の訃報を聞き、テントをたたんで山に戻る。

現在は、住職として、雲水と年間100人を超える国内外の参禅者を指導。
大阪で知り合った妻と結婚をし、3 人の子供の父親でもある。
海を渡り、さまざまなことを乗り越えながら禅道を歩き続ける彼の講義と坐禅は、どんな人の心にも響くだろう。


ネルケ 無方のクラス内容

坐禅して、何になるか?
【日時】5/23(sat) 09:00-10:00 【会場】瞑想広場SOLDOUT
私たちはいつも、何かを求めています。
お金だったり、恋人だったり、出世だったり・・・。
最終的には、幸せになりたい。
幸せになろうともがくほど、今ここ、この自分を見失っていませんか。
自分を留守にしていませんか。
ヘタをすれば、坐禅やヨガも、幸せ(あるいは美、あるいは健康、あるいはサトリ)を手に入れるための手段として利用してしまいます。
いったん、鼻の前にぶら下がった人参を追い求めることをやめようよ。
何かになろうとはからって坐るのは坐禅ではありません。
自分を投げ出して、ただ坐る坐禅に身も心も委ねよう。
私が坐禅をするのではない―坐禅が私をするのです。その時、自分が自分になり、自分をします。
坐禅、ヨガ、そして人生の目的を問い直すクラスです。

ビギナーズ禅
【日時】5/24(sun) 13:00-14:00 【会場】瞑想広場SOLDOUT
ドイツ人の禅僧侶、ネルケ無方が手足の組み方から呼吸と心の持ち方まで、丁寧に坐禅の整え方をご説明します。
初めての方からリピータまで、自分とじっくり向き合い、静かな時間の流れを味わえます。
私は16歳のときに学校の先生に坐禅に誘われるも「興味がない」とあっさり断ったが、
「一度もやってみないで、どうして興味がないといえるのか。やってみないと判断ができないだろう」
という理屈に反論できませんでした。
一度だけのつもりの坐禅でしたが、その結果として今の私がある。
あなたも、いちどトライしてみませんか?