こちらの瞑想を続けてみて、自分が今までほとんど「今」に居なかったことがわかりました。これからも坐り続けたいと思います。