瞑想というと、リラックスしたり、落ち着きを得るための単なる手段であると誤解されることも多いですが、本来の瞑想の […]

瞑想というと、リラックスしたり、落ち着きを得るための単なる手段であると誤解されることも多いですが、本来の瞑想の基本的な目的は『自分に親しむため』のものです。すなわち、瞑想実践とは、自身の体の状態、心の状態、そして人生の状態が自身の先入観や概念に阻まれることなく、しっかりとありのままに捉える心の力をつけるためのトレーニングといえます。

そして、こうした心の力をつけるには、落ち着いた心の状態と、物事に気がつく洞察力の両方が必要となってきます。この心の安定を図る為の瞑想をシャマタ瞑想と言い、さらに物事の本質を見極める洞察を養う瞑想をヴィパシュヤナ瞑想と呼びます。このシャマタとヴィパシュヤナは別々のものというよりはむしろひとつのものの別々の側面であると伝統的には考えられていることからシャマタとヴィパシュヤナを同時に行う瞑想が、実は瞑想の最も基本的なスタイルと考えられています。

このワークショップでは、このシャマタ・ヴィパッサナ瞑想の考え方、そしてその実践の方法を詳しく学ぶことで、瞑想を実践していく為の最も基本的な考え方、そして日々の向き合い方を身けることができます。

開催日 : 9月20日(日)10:30−13:00
会場 : True Nature Meditation Studio (東京千駄ヶ谷) もしくはオンライン参加
講師 : 河津祐貴(True Nature Meditation プログラムディレクター)
参加費 : 5500円(税込)

※料金はお申込み後、1週間以内に銀行振込にて事前入金となります。入金完了で申込完了となります。
※定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。

<キャンセル料>
開催日含む10日前 全額返金
開催日含む9〜3日前 50%
開催日前日/当日 100%
・キャンセルは、原則として ≪10日前までに≫ ご連絡をお願いします。
・店頭でのクレジット決済の場合のキャンセル返金はお振込となります、ご了承ください。
・お客様都合によるキャンセル返金はお振込手数料を差し引かせて頂きますのでご了承ください。